室内で飼っている場合は、ケージにアルミシートや毛布などをかけてあげても良いでしょう。

MENU

犬の寒さ対策

犬の寒さ対策についてまとめています。
基本的に犬は人間よりも寒さに強いと言われていますが、寒さ対策をしてあげることも必要になります。

 

特に、室内で飼っている犬は人間と同じような環境(温度)に慣れてしまっているため、寒さに弱くなっています。

 

犬の犬種によっても、寒さに弱い犬と比較的強い犬がいます。
寒さに弱いと言われる犬には、チワワやマルチーズ、ミニチュアダックスフンド、プードルなどがいます。
毛が短く、シングルコートと言われる小型犬です。
室内で飼っている場合はケージにアルミシートや毛布などをかけてあげても良いかと思います。

 

また、室内犬の場合はペットヒーターなども売っています。
必要に応じて購入されてみてはいかがでしょうか。
湯たんぽなどを使用する方法もあります。
火傷をしないようにぬるいお湯で作り、側に置くなどして利用してみて下さい。

 

大型犬や北国の犬種の犬、屋外で飼われている犬は、比較的寒さに強いと言われています。
屋外犬の場合、ブラケットやタオル、フリースなどのいらなくなった物を小屋の中に一枚入れてあげるだけでも随分違います。
小屋の中で身体を温めやすいよう冬場などは、1,2枚小屋の中に入れてあげましょう。
日当たりの良い場所に犬小屋を移動させてあげても良いかもしれません。
風などが小屋に入り過ぎないよう隙間なども塞いであげましょう。

 

犬

犬が寒がっているかどうかを判断するには、

  • プルプル震えていないか
  • 身体を丸めて身を縮めるようにして寝ていないか

などを見て判断して下さい。

 

他にも、水分摂取量が減っていたり、遊びや散歩に消極的になっているかなどを見て見極めて下さい。

 

いかがでしょうか。
犬にも寒さ対策は必要になります。
犬も風邪をひきますし、老犬などは抵抗力も落ちているため、ウイルスなどによって体調の悪化に繋がることもあります。
寒がっていないかどうかをしっかり観察して寒さ対策をしてあげて下さい。