「全ては犬と猫のために」のコンセプトを中心に、多種多様のフードを作り続けてきました。

MENU

ロイヤルカナンの歴史

 「ロイヤルカナン」は今から約50年前、1967年に南フランスで誕生しました。
生みの親である獣医師・ジャン・カタリー博士は、フランス最古と言われるリヨン獣医大学で学び、卒業後は多種・多様な動物の治療にあたります。

 

特に彼の専門である皮膚疾患の研究では、患者犬であるジャ-マンシェパードへの研究が熱心に行われました。
シェパードの加齢によって現れる様々な病気が、消化能力の低下から来る事に着目。

 

その結果、犬・猫の疾患は薬で治療するのではなく食事で改善するのが最良の方法であると考えます。

 

そこで彼が行ったのは、
犬・猫が必要とする人間とは異なった栄養学を基に、患者犬のためのオリジナルレシピを考案する事でした。

 

こうして永年の研究の成果から生み出されたのが「ロイヤルカナン」なのです。

 

カタリー博士は、「Dog and Cat First(全ては犬と猫のために)」と言うコンセプトを中心に、
食事からサポートする健康維持」をテーマにした多種多様のフードを作り続けて来ました。

 

食事をする犬猫

 

その後、カタリー博士の考える理念を一貫して守り続けながら、犬・猫のフードを作り続け、現在に至ります。
多くの愛犬家・愛猫家に支持され、今もなお健康維持を目的とするフードの研究、さらには開発が続けられているのです。

 

このようにロイヤルカナンには犬種やライフスタイル、年齢に合わせたフードが用意されています。
また他のフードメーカーではあまり販売されていない食事療法食なども充実しており、動物病院などでも勧められています。

 

様々なフードが発売されている今、飼い主さんもどれを選べばいいのか迷ってしまいますが愛犬・愛猫の体調や年齢に合わせたものを選んでいきたいですね。

ロイヤルカナンの詳細