ドッグフードを選ぶ際には表記を確認して、添加物のなるべく少ない物を選びましょう。

MENU

危険な添加物

ドッグフードに入っていると危険な添加物を紹介致します。
ドッグフードには期限を長持ちさせるための酸化防止剤や着色料、甘味料などの添加物が含まれていることがあります。
日本の物だけでなく海外製の物も販売されているため、愛犬に与える前にチェックする必要があります。

 

ドッグフードに使用されている主な添加物には、

  • 亜硝酸ナトリウム
  • ソルビン酸カリウム
  • 亜硫酸ナトリウム
  • 合成着色料

があります。

 

 

亜硝酸ナトリウム

保存料で、肉が黒ずむのを防いだりする役割があります。
胃の中で化学反応を起こし、強力な発がん性物質が生じることがあります。

 

合成着色料

合成着色料にも気を配る必要があります。
着色料によってドッグフードが色鮮やかになり見た目に美味しそうに見えますが、着色料に含まれる成分がガンやアレルギー、甲状腺の異常の原因などになったりして健康に害を及ぼす可能性があります。
色何号などと記載されているドッグフードに注意して下さい。

 

エトキシキン

海外製のドッグフードなどでは、エトキシキンがあります。
エトキシキンは酸化防止剤として非常に強い抗酸化作用を持ちます。
ベトナム戦争時に枯葉剤の酸化防止にも使われていたもので、犬に対する害も計り知れません。
ガンや皮膚炎などを発症する恐れがあるので注視したい添加物です。

 

BHA

BHAはブチルヒドロキシアニソールと言われるもので、ガソリンの酸化防止として使われていたものです。
急性毒性が強く発ガン性の危険が高いものです。

 

 

いかがでしょうか。
添加物には天然由来のものもあり、一概には危険と言い切れません。
しかし、ドッグフードに入っていると危険な添加物と言えるようなものが売られているのも事実です。

 

ドッグフードを与える方は注意してみて下さい。
ドッグフードを選ぶ際には表記をしっかりと見て、添加物のなるべく少ない物などを選ぶようにしてみてはいかがでしょうか。